わきが手術を保険適用で受けたい人へのまとめサイト

HOME » わきが手術が保険適用される病院【東京編】 » 保険を使ってわきが治療ができるAYC銀座形成外科

保険を使ってわきが治療ができるAYC銀座形成外科

ここでは、実際に保険が適用されるクリニックをご紹介しています。

AYC銀座形成外科

AYC銀座形成外科は、わきが治療に特化したクリニックです。低価格で最高の医療サービスを提供することをモットーにしています。特にわきが治療では保険が適用されるため、全額自費で行う美容外科クリニックよりかなり費用も抑えて手術が受けられます。AYC銀座形成外科では、臨床経験 20年の経験豊富な院長が、カウンセリングから治療、アフターケアまで全て責任をもって対応していますので、少ない治療費でも安心して治療を受けていただくことができます。

費用(保険適用の場合)

剪除法(保険適用):片側の場合 17,190円 両側の場合 36,000円程度

AYC銀座形成外科の剪除法は、ワキのしわに沿って1ヵ所2~3センチだけ切開し、臭いの元となるアポクリン汗腺やエクリン汗腺、さらに皮脂腺まで取り除きます。医師が直接目で見て取り除くため、確実な効果が得られますし、再発も極めて少ないとも言えます。臭いがなくなるだけでなく、汗の量に関係しているエクリン汗腺も取り除くため汗の量も確実に減ります。一般的なわきが治療は、アポクリン腺だけを取り除いて皮脂腺までは取らないのですが、AYC銀座形成外科の治療法はエクリン腺や皮脂腺も可能な限り取り除いてくれるのが大きな特徴です。

アクセス

住所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル4F

JR山手線・京浜東北線・東海道線・総武快速線・横須賀線新橋駅、日比谷口徒歩0分、銀座口徒歩1分、烏森口徒歩1分

カウンセリングで要確認

わきが手術というのは、一般的には保険を使って手術を受けることができます。

ただし手術を受ける前のカウンセリングでいくつか確認しておきたいポイントがあります。

「どこまでが保険適用で治療できるのか」
「保険適用するための条件や基準の確認」
「受診しているクリニックは保険が適用されるのか」

というポイントです。

ここの部分をきちんと確認しておかないと、後々莫大な費用が請求されるかもしれません。

保険が適用されるわきが手術とされないわきが手術

わきが手術にはいくつかの種類が存在してきます。

その中でも主要の部類に入るのが

「剪除法」
「吸引法」
「ミラドライ」

の3種類となります。そして、肝心の保険が適用される手術なのですが、実際は「剪除法」だけとなります。この3種類の違いというのが気になるところだと思いますが、具体的には特殊な機器を使用するかどうかという点です。

要するに、「吸引法」や「ミラドライ」は手術の際に特殊な機器を使用するため、保険が適用されないということになるのです。

「剪除法」はハサミを使って手術を行います。「剪除法」の手術方法なのですが、まず脇を切って裏返し、アポクリン腺という臭いの原因となる汗腺を手で取り除いていくという方法になります。

原始的な方法だと思われるかもしれませんが、医師がしっかりと目で確認しながら取り除いていくため、再発する可能性も極めて低い手術方法となるのです。

「吸引法」や「ミラドライ」に関しては特殊な機器を使用するので、どうしても採算を取る必要があります。その採算をきちんと取るために保険を適用していないと言われています。