わきが手術を保険適用で受けたい人へのまとめサイト

アイリス美容外科

アイリス美容外科

ここでは、わきが治療が保険適用でできる「アイリス美容外科」について、特徴や費用などをまとめています。

画像引用元:アイリス美容外科

(http://www.iris-beauty.com/)

アフターケア万全!保険適用でもしっかりした治療

渋谷にあるアイリス美容外科では、ワキガ・多汗症治療が保険診療で受けられます。

両ワキの手術でも約3万6,000円(3割負担の場合)と、費用の負担が軽く済むのは魅力的ですね。

アイリス美容外科で採用している「皮弁法」は、数センチほど皮膚のシワに沿って切開した後、皮膚をひっくり返してアポクリン腺を1つずつ取り除いていくという方法です。

手術ではドクターが目で確かめながら、臭いと汗の原因であるアポクリン腺を丁寧に除去していきます。そのため、取り残しがなく、再発の可能性もほとんどありません

保険が適用されるので料金がリーズナブルな分、「適当に手術されてしまうのでは?」などと心配してしまう人もいるかもしれません。

でも、アイリス美容外科は、術後のアフターケアもきっちりしていて、かなり良心的。

皮膚がきちんとくっつくように、1週間は切開した部分を固定させ、3日後・7日後・2週間後の計3回通院するように指導があります。

傷跡が残らないようにするには、こういったアフターケアがしっかりしている病院の方が安心ですし、好感が持てますね。

アイリス美容外科のわきが治療は、保険でできる皮弁法以外にも、傷痕をより小さくしたい人や軽度の症状の人向けに剪除吸引法(自由診療)も行っています。

  • 保険適用の費用には、手術代・初診料・再診療・検査代・薬代などが含まれます。
    ただし、術後の管理として自宅で使うガーゼやテープには保険が適用されません。

ワキガの診断

まず「保険適用診療希望」としてカウンセリングを受けてください。

カウンセリングは初診扱いとなりますので、保険が適用できるかどうかに関わらず約850円程度が必要となりますが、臭いのレベルやカウンセリングを経て、院長の直接診断を受けることができるので安心です。

ワキガではないと診断された場合は、ボトックスや塩化アルミニウムでの治療が提案されます。

ワキガであると診断を受けた場合は、患部の範囲やアポクリン線の数・臭いの強さによって治療方針や手術の説明を受けることになります。

また、3万円から、アポクリン線の数を正確に判断できる試験切開に対応してもらうこともできます。

  • 保険適用診療の場合、無料での診断は法律的に認められていません。
    しかし、自由診療で治療してもらうと約30万円(両脇)の費用が必要となるため、その差額は約26万4,000円。
    自由診療では無料でカウンセリングを受けることができますが、治療費の負担があります。

カウンセリングを受けるときの注意

カウンセリング前日はいつもどおりに過ごしましょう。

(食事・ストレス・発汗量・アルコール摂取量によって変化するため)

また、シャワーを浴びた場合は、臭いを感じたときの服を密封して持参することも可能です。

アイリス美容外科は何位?保険適用のわきが治療クリニック比較>>

わきが治療にかかる費用とは?

  • 皮弁法によるわきが・多汗症治療…片脇2万円、両脇3万6,000円程度(保険適用の場合)
  • 剪除吸引法(保険適用外)…両脇21万円
  • ボツリヌスA型毒素(ボトックス)…両脇6万3,000円~

(ボトックス注射は、最大で6ヶ月効果が続きます)

こんな場合も保険適用の治療ができる

  • 他の病院で行った再手術の治療
  • 手術をできないと断られた
  • 保護者と本人の同意がある未成年への手術

多くの病院では再手術を断るものですが、アイリス美容外科では残っているアポクリン腺を除去するための治療を引き受けています。

どんな状態かにもよりますが、まずはカウンセリングで相談してみましょう。

その他の保険適用治療

さらに、眼瞼下垂・ほくろやイボ・にきびにも保険治療で対応しています。

  • 後天性眼瞼下垂:約2万4,000円(片目)
  • 先天性眼瞼下垂:約3万円(片目)

眼瞼下垂の治療が自由診療であった場合は、片目だけでも18万円の費用が必要となります。

その点、アイリス美容外科の施術では、挙筋短縮法・挙筋前転法・経結膜的眼瞼挙筋短縮術・埋没法・上眼瞼切開法など、まぶたの状態に合わせて適切な治療を施してもらえます。

気になって仕方のないような目立つほくろやイボは、メスを使った除去手術による治療可能です。

ただ、ウイルス性のイボは医療レーザー治療になるので、保険の適用はありません。5ミリ以下のほくろやイボでは、自由診療となる電気焼灼法のほうが良い場合もあります。

悩ましいにきびも、外用レチノイド・イオウ製剤・抗菌薬・面ぽう圧出を使った治療なら保険扱いになります。

ケミカルピーリングやレーザー治療を選べば自由診療となりますが、美肌を取り戻すことができるでしょう。

この他にも、薄毛・脱毛・脂肪吸引・しみ・シワ・タトゥー除去など、さまざまな悩みに応じた診療が行われています。

アイリス美容外科の名医をご紹介

院長である桐原直樹先生は、愛知医科大学医学部の出身です。同大学の形成外科から、美容外科クリック・大手の美容外科で腕を磨かれています。

2001年にアイリス美容外科を開院。ひとりひとりの症状に合わせた治療を提供されていて、患者さんが安心できるようカウンセリングには時間をかけています。

時にはカウンセリング結果として、他の専門医を勧めることもあるそうです。さらに途中で追加の治療費が発生する可能性も、必ず患者さんその旨を伝え、合意を得てからという誠実さ。

ドクターの勝手な判断で、自由診療に切り替えるということもありません。

アイリス美容外科の口コミ・評判

  • 私の臭いはそんなにキツい方ではなかったらしく「手術は傷がついてしまうし、ボトックス注射で様子を見てもいいのでは」と提案されました。私のことを真剣に考えてもらえて、とても嬉しかったです。
  • 保険適用で料金が安いので、流れ作業のようにサクサク手術になるのかも…と想像していました。でも、私の立場にたって丁寧にカウンセリングしてもらえ、納得した上で手術に入ることが出来ました。臭いもしなくなって感激しています!
  • 実際の手術は、かなり緊張しましたが、先生が気遣って声を掛けてくれたので不安が解消されていきました。先生や受付の人は感じが良いため、大変居心地の良いクリニックです。

■ アイリス美容外科

東京都渋谷区渋谷3-16-2 ニュー三水ビル6F(渋谷駅東口より徒歩5分)

受付時間/10:00~19:00、年中無休(予約制)