わきが手術を保険適用で受けたい人へのまとめサイト

みやび形成外科

ここでは、わきが治療が保険適用でできる「みやび形成外科」について、特徴をまとめています。

シェーバー法にPRP治療を併用する独自の技法

みやび形成外科みやび形成外科は、五反田駅近くにある、開院8年目のクリニックです。院長の山田先生は、昭和大学形成外科の出身。手術ももちろん院長が行ってくれます。

わきが治療においては、保険適用で行う剪除法とボトックス注入を行っていますが、注目は「シェーバー(クワドラカット法)+PRP法」(自由診療)という珍しい手術法です。

クワドラカッター法は、アメリカのストライカー社製のものを使用。吸引管の先にギザギザした刃(マイクロシェーバー)がついていて、7~8mmぐらい切開したところからこのシェーバーを入れると、汗腺を吸引することができます。

このクワドラカット法自体は、様々なクリニックで導入されていますが、みやび形成外科では傷口をより早く、よりキレイに仕上げるためにPRP療法を併用しています。

PRP法とは、自己多血血小板血しょう注入法というもので、自分の血液を採取して濃厚な血小板血漿をつくり、治療したい部位に注入するもの。再生医療や若返りの治療で用いられるものです。圧迫固定は3~5日間で済み、その後も約1週間サポーターを着ければ大丈夫とのこと。

シェーバー(クワドラカット法)+PRP法は、シャワーも下半身だけなら当日からOKと、剪除法(せんじょほう)に比べて術後に制約される行動は少ないようです。術後の通院は、1ヶ月の間に全部で4回と、慎重な感じで好感が持てますね。

みやび形成外科は何位?保険適用のわきが治療クリニック比較>>

わきが治療にかかる費用とは?

  • シェーバー法+PRP法…36万7,500円
  • ボトックス注射による多汗症治療…8万4,000円

みやび形成外科の口コミ・評判

  • 院長先生は静かで真面目に向き合って下さる印象です。わきが治療ではありませんが、縫合の際、丁寧にやってくれて傷跡が目立たず上手だと思いました。他のスタッフさんも感じが良く、リラックスできるクリニックです。
  • 五反田駅から近く、分かりやすい場所にあって便利。予約を変更しなければいけなくなっても、寛大に対応してくれたのでありがたかったです。

■ みやび形成外科

東京都品川区東五反田2-3-2 タイセイビル4F(五反田駅より徒歩3分)

受付時間/10:00~20:00(月・火曜、木~土曜)、10:00~18:00(水・日曜・祝日)(完全予約制)

休診日/木曜