わきが治療の保険適用ができる東京のクリニック » わきが手術が保険適用される病院【東京編】 » プレシャスクリニック自由が丘

プレシャスクリニック自由が丘

プレシャスクリニック自由が丘のわきが治療の特徴、口コミ・評判、院長のプロフィール、料金についてまとめています。

プレシャスクリニック自由が丘のわきが治療の特徴

患者に合わせた治療計画

1人1人の患者に合わせた治療計画を策定して、その人にとってベストだと思える選択肢を提示するところに特徴があります。1人1人抱える悩みや問題はそれぞれであり、それに合わせて治療計画を柔軟に変えてくれます。デリケートな悩みであっても柔軟に対応してくれるところがポイントです。

豊富な専門知識を持つ

日本形成外科学会認定の専門医である医師が治療を担当しますが、豊富な専門知識を有しているので信頼感が高い状態で治療を行ってもらうことができます。研究データも駆使しつつ、治療内容や治療方針について丁寧に説明してもらえるので安心感も高まっていきます。

明確な料金プラン

治療内容や治療方針の説明もそうですが、料金プランに関しても明確になっているところが特徴です。ホームページを確認すれば、症状別の料金について具体的に把握することができます。実際にクリニックに足を運んで医師に相談してから治療に入ることもできるので、ちょっとした悩みでも相談しやすい環境があります。

プレシャスクリニック自由が丘のわきが治療の口コミ・評判

好きな洋服が着れるように

治療をした直後は多少痛みもありましたが、1ヶ月経過した頃には痛みも引いていきました。今までは冬でもわき汗をかいていましたが、今では気にすることなく好きな洋服を着ることができるようになりました。

参照元HP:ミラドライメディカルセンター
https://miradry-mc.com/report_detail_17.php

先生の対応が丁寧

わきがに悩んできましたが、プレシャスクリニック自由が丘で治療をお願いすることにしました。実際に行ってみると、先生の対応がとても丁寧でほっとしました。治療内容や術後のケアにいたる部分まで丁寧に教えてもらうことができて、治療も成功したので行って良かったなと思っています。

参照元HP:美容医療の口コミ広場
https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_43605/activity_detail/23603

プレシャスクリニック自由が丘の院長のプロフィール

清水祐紀 院長

昭和大学医学部を卒業後、昭和大学形成外科前期助手として勤務を開始します。その後、自治医科大学整形外科研修医や熊本機能病院形成外科副部長、 昭和大学形成外科員外助手や日立製作所日立総合病院形成外科医長、昭和大学形成外科助手病棟医長や昭和大学形成外科助手医局長などを歴任し、医療の分野で経験を積んでいきます。

そして、2017年4月にプレシャスクリニック自由が丘の院長に就任し、さまざまな患者様の悩みや症状に向き合ってきました。

これまでの豊富な経験と実績をもとにして1人1人に最適な治療法を提案し、施術を行っています。

プレシャスクリニック自由が丘の保険適用の治療内容と料金

※公式ホームページに記載なし

プレシャスクリニック自由が丘の保険適用外の治療内容と料金

   
イメージ05

17歳でわきがになり、社会人になって環境の変化で悪化。一時は死にたくなるほどつらい思いをしたが、手術を受けてわきがを克服。このサイトでは管理人が調べた保険適用が可能な東京のクリニックについてお伝えします。

東京のわきが保険適用クリニック4選へ