わきが手術を保険適用で受けたい人へのまとめサイト

HOME » わきが手術が保険適用される病院【東京編】 » 保険を使ってわきが治療東京イセアクリニック

保険を使ってわきが治療東京イセアクリニック

ここでは、実際に保険が適用されるクリニックをご紹介しています。

東京イセアクリニック

東京イセアクリニックは保険が適用されるクリニックの一つです。「ボトックス注射」と「反転剪除法」を主に用いています。経験豊富な形成外科医が執刀してくれますので、傷跡も小さく仕上げてくれますし、安心して任せられるクリニックであります。

美容外科手術を受ける患者さんのほとんどは大きな悩みを抱えています。特に、わきがはコンプレックスの中でも最上級に値するものであるのは間違いありません。勇気を持って来院してくれた患者の将来を明るいものとするため、東京イセアクリニックでは全力でサポートをしています。こういった点が患者さんから支持を受ける大きな要因であります。

費用(保険適用の場合)

反転剪除法(保険適用):片側の場合 17,190円 両側の場合 34,380円

ワキの皮膚を大きく切除するのではなく、シワに合わせて切除するので傷跡が目立たないというのが大きな特徴です。メスを使用して手術にはなりますが、身体の負担を考えていますのでその日に帰宅することも可能です。東京イセアクリニックでは形成外科医が手術を担当。圧倒的な経験と症例数で患者さんに安心感を与えています。

また、保険が適用されるワキガ手術では数少ない美容クリニックとなっています。できるだけお金をかけずに治療したいという人には向いているクリニックだと言えます。

アクセス

住所:東京都渋谷区神南1-16-3ブル・ヴァール4F

JR線・銀座線・井の頭線渋谷駅ハチ公口から徒歩7分

カウンセリングで確認しておきたいこと

一般的に、わきがという病気は保険が適用される治療であります。

しかし、治療を受ける前にカウンセリングで確認しておきたい点がいくつか存在してきます。「保険適用される治療法は?」、「保険適用するための条件や基準は?」、「クリニック自体に保険適用の制度があるのか?」、という点になります。この部分だけは必ずカウンセリングで確認をするようにしましょう。

保険適用がされる手術とされない手術がある

わきが手術には数多くの種類があります。よく用いられる手術法というのが、「剪除法」、「吸引法」、「ミラドライ」の3種類であり、保険が適用される手術というのは「剪除法」だけになります。なぜこの「剪除法」だけが保険適用されるかと言えば、具体的には特殊な機器を使用するかどうかという点となるのです。

「吸引法」や「ミラドライ」の手術法というのは、特殊な機器を使用するために保険が適用されません。

ちなみに「剪除法」はハサミを使って手術を行います。「剪除法」の手術方法なのですが、まず脇を切って裏返し、アポクリン腺という臭いの原因となる汗腺を手で取り除いていくという方法になります。こちらの方法は、医師がしっかりと目で確認しながら取り除いていく手術法であり、再発する可能性も極めて低いとも言われています。

「吸引法」や「ミラドライ」に関しては特殊な機器を使用していますので、どうしてもコストが多くかかっています。そのため保険が適用されていないというのが一つの理由でもあるのです。