わきが手術を保険適用で受けたい人へのまとめサイト

HOME » わきが手術で保険利用を考える人に » 保険適用は医師の一存?

保険適用は医師の一存?

わきが

このページでは、わきが手術に保険が適用される条件について解説しています。

保険を使えるかどうかは、症状によりけり

国は、わきが手術に保険を適用する際の条件として、重度のわきが(=臭いがきつくて、他の人に迷惑がかかってしまうような状態)であることを挙げています。

病院に行けば誰でも保険を使って手術ができるわけではなく、「手術が必要なぐらい、重症のわきが」とドクターが認める必要があるのです。

また、保険が適用される手術法は剪除法(皮弁法)のみに限られています。

つまり、ホームページなどに「わきが治療は保険対応です」と記載されているクリニックであれば、剪除法の手術を扱っているということになります。

わきがの度合いはどうやって判断するの?

「わきがなのかもしれない…」と思って病院に行っても、実際に医師の診断を受けると、「わきがではない」「軽度のわきがなので、手術でなくボトックス注射で様子を見ては?」などと言われることもあるようです。

こうした判断をどのようにするかというと、医師や看護師さんが嗅ぎ分けて決めています。

よくある方法としては、脇の下にガーゼを数分はさんで、そのガーゼをかいで判断するやり方。

つまり、ドクターのさじ加減で変わる可能性があります。あるクリニックでは断られた保険診療が、他の病院で診てもらったら保険が適用された、というケースもあります。

脇の下にガーゼをはさんで判断する方法については、主に下記のようなレベル分けがされます。[注1]

  • レベル1 わきがではない(臭いはほとんどない)
  • レベル2 わきがかもしれない(少し臭いがある)
  • レベル3 軽度(鼻を近づけると臭いがする)
  • レベル4 中度(鼻を近づなくても臭いがする)
  • レベル5 重度(遠くからでもすぐわかる)

レベル1〜2は脱毛や制汗剤などで改善が可能な範囲と考えられます。

レベル3以降は手術が適応されますが、いかなるレベルでも本人の年齢や気持ちなどに考慮して治療は決められます。

[注1]日本橋美容外科:専門医が説く「わきが&多汗症の全て」

わきが度合いチェックその他の方法

わきがを気にしている本人にとっては臭いに敏感になっているあまり実際以上に強く臭いを感じている場合があります。気にしている人ほど実はあまり重度ではないケースもほとんど。

以下にわきがの度合いが重くないかを判断する方法をいくつかピックアップします。自分に当てはまることがないか確認してみましょう。

第三者にチェックしてもらう

正しく判断するためには第三者の協力が必要です。病院へ行くことも悪くはありませんが、まずは家族や友達など気の許せる人に臭いをチェックしてもらうといいでしょう。

チェックをしてもらう場合は以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 一日に何回か時間をあけて臭いをかいでもらう
  • 左右差があるので両方かいでもらう
  • 特に発症しやすい夏にチェックしてもらう

生活習慣が乱れていないか?

わきがの度合いをチェックするには、生活習慣が乱れていないかもチェックポイントとなります。

これはわきがの最も身近な治療が生活習慣の見直しから始まるからです。汗をかいているのに放置していないか、シャワーや拭き取りを怠っていないかを改めて確認しましょう。

また、自律神経の乱れもわきがの度合いを強める原因となります。睡眠不足になっていないかストレスが溜まっていないかなども合わせてチェックしてください。

臭いの元となる食生活をしていないか?

肉などの脂肪分や動物性タンパク質を好む人はわきがの臭いが強くなる傾向にあります。これらの成分はわきがの原因である臭いの原料となるからです。

主に和食生活にすると体の消臭となりわきがの臭いを抑えられます。臭いが気になる場合はまずは自分の食生活を見直してみましょう。  

脇毛・脇汗が多くないか?

脇毛や脇汗の多さ=わきがではありませんが、これらが多い人がわきがであった場合、重度になりやすい傾向にあります。脱毛や剃毛をすると度合いを軽減させられるケースもあります。

あなたは本当にわきが?セルフチェック

病院に行く前に、わきがチェックをしてみましょう。まず、この2項目は整合性が高い代表的なチェックポイントです。

  1. 耳あかが湿っている…この状態にある約8割の人がわきがである、というデータもあります。アポクリン腺(=わきがの原因)は耳の中にもあり、ここからの分泌物が多いと耳あかが湿ってしまうそう。
  2. 家族にわきがの人がいる…父親or母親、どちらかがわきがの場合、50%の確率で子供に遺伝すると言われています。

その他にも、以下のような状況に心当たりはありませんか?

  • 洋服のワキの下に黄ばみができてしまう
  • 動物性脂肪(肉や乳製品)、脂っこいものをよく食べる
  • ワキの下によく汗をかく
  • わき毛の量が多い

無料で相談に応じてくれるクリニックもありますので、少しでも不安に思う方は、そちらを受診してみてはいかがでしょうか。