わきが手術を保険適用で受けたい人へのまとめサイト

HOME » わきが手術で保険利用を考える人に » 定番の手術・皮弁法について

定番の手術・皮弁法について

このページでは、代表的なわきが手術「皮弁法」について、保険が適用される条件なども交えながら解説しています。

皮弁法(剪除法)でわきがを解消するメリットとは?

わきが手術を扱っているほとんどのクリニックで導入されている皮弁法(ひべんほう)。別名「剪除法(せんじょほう)」とも言われるこの手術法は、わきが治療の中でもその効果がもっとも高いとされています。

皮弁法の手術では、ワキの下の皮膚をシワに沿って3~5cmぐらい切開して、皮膚をひっくり返します。わきがの原因であるアポクリン腺を、医師が一つひとつ直接目で確かめながら取っていくので、機械任せの手術に比べて取り残しがなく、再発のリスクも少ないのが特徴です。

また、一緒にエクリン汗腺も取り除けるので、多汗症にも有効なテクニックです。

こんなデメリットがあるのも事実

「わきがを本気で治したいなら、皮弁法」という話もよく聞きますが、この手術法は機械を使って行う吸引法に比べて、切開する箇所が長くなってしまいます。

当然ながら、長く切開する分、痕が目立たなくなるまでには時間が掛かります。傷痕がどれだけ残ってしまうかは、執刀医の技術力によって左右されるところもあるので、口コミなどの体験談や評判を参考にするとよいでしょう。

また、手術直後はしっかりと固定しなければならないため、日常生活で多少は不便な思いをすることがあります。そうした自体を避けるために、両ワキを一気に手術せず、片側ずつを別日程で行うこともあります。

皮弁法なら必ず保険適用とは限らない!

皮弁法には保険が適用されるため、費用が非常に安く済みます。両ワキ4万円ほどで手術を受けることができます。

とはいえ、皮弁法(剪除法)を行っている病院なら、どこでも保険治療が受けられるというわけではないのです。理由は、わきが治療の保険に対応していない病院もあるため。

「費用が安いせいか、手術の予約をドタキャンする人が多い」「諸経費や手間を考えると、保険診療では採算がとれない」など、病院側にも様々な事情があるようです。

ちなみに、自由診療(保険適用外)における皮弁法の手術費用の相場は、両ワキ30~32万円ぐらいのようです。

カウンセリングの途中で自由診療メニューを勧められるケースも多々あります。わきが手術を受けられる場合は、その手術が保険適用かどうか、事前に必ず確認するようにしましょう。